最新記事 グランピングでお手軽キャンプ!持ち物や注意点は?

簡単・時短!電気圧力鍋「LPC-T12/W」でほったらかし料理

簡単・時短!電気圧力鍋「LP-T12/W」でほったらかし料理

料理をするとき、圧力鍋って利用していますか?
我が家は5年前に圧力鍋が壊れてから、圧力鍋のない生活をしていました。

圧力鍋がなくても5年間の食事は普通に作っていましたが、あえて言いましょう。

ネコさん

圧力鍋は絶対にあった方がいい!!

そして、さらに大事なことを申し上げます。

電気圧力鍋が超絶オススメです!!

我が家では先日、はじめて電気圧力鍋「LPC-T12/W」を購入しました。
これがもう、絶賛大活躍中です。

仕事で忙しい、育児で手が離せない…、そんなあなたにこそ使ってほしい便利アイテム。
電気圧力鍋を使って簡単に美味しく、なおかつ時短で食事の支度をしちゃいましょう!

電気圧力鍋「LPC-T12/W」はこんなあなたにオススメ!

「圧力鍋なんてなくても食事の支度はできるしなぁ」
「圧力鍋ならすでにあるから電気のものでなくてもいいや」

というあなた。
違うんですよ。電気圧力鍋は違うんです。

料理をしながらこんな悩みを抱えたことはありませんか?

  • 時間がないから煮込み料理をおいしく作るのは難しい
  • 食事の支度中、煮込み料理をしているとコンロの口が足りなくなる
  • 煮込み料理を作ってもお肉が柔らかくならない

私もこの悩みを抱えていて、結局煮込み料理を作る機会がめっきり減ってしまいました…。

時間がない

仕事、家事、育児…とにかく私たちは忙しいですよね。
ゆっくり煮込み料理をする時間がないという人も多いはず。

電気圧力鍋を使えば、煮込み料理を短時間でなおかつ簡単に手放しで調理することができるんです!

「それなら普通の圧力鍋でもできるのでは?」と思われるかもしれません。
もちろんできますが、一番の違いは「火を使わない」ということです。

普通の圧力鍋は加圧時火にかけておかないといけませんよね。
鍋を火にかけている状態なので、外出などはできません。

ですが、電気圧力鍋は火にかけずとも煮込み料理ができます。

ネコさん

電気圧力鍋ならスイッチを入れて外出することもできますよ!

材料をセットしてスイッチさえ押せば、あとはほったらかしでOKです。
材料を切って調味料を用意する時間さえあれば、忙しくても時間がなくてもおいしい煮込み料理ができます!

例えば…
朝出かける前に材料や調味料をセットしてスイッチを押して出かければ、帰宅時には煮込み料理が完成しています!温めなおせばおいしくいただけますよ!

コンロの口が足りない

夕飯の支度中のキッチンはまさに戦場です。
出汁をとるお湯を沸かしながら煮物を煮つつ材料を切って…。

いくつものことを同時進行していると、コンロの口が足りなくなることありますよね。
みそ汁、煮物、炒め物…。

ネコさん

我が家のコンロは2口なので、足りなくなることもしばしばです。

特に煮物(煮込み料理)は長時間コンロを占有するので、調理がしづらいですが…。

電気圧力鍋があれば煮物(煮込み料理)は電気圧両鍋に任せることが出来るので、いくつもの料理を同時進行できます!

煮込み料理の肉を柔らかくしたい

ホロホロと柔らかいお肉は煮込み料理の醍醐味!!
特に豚の角煮や煮豚は、柔らかく煮るにはとても時間がかかりますよね。

ネコさん

圧力鍋がないときは豚の角煮を作るのに4~5時間かけてました…。

お肉を柔らかく煮る、煮込み料理は圧力鍋の真骨頂です。

何時間もかけなければ柔らかくならなかった豚の角煮も、電気圧力鍋にかかれば30分の加圧でトロットロのホロホロになります。

豚の角煮と煮豚を作ったときは感動しました!

電気圧力鍋「LPC-T12/W」とは

では、電気圧力鍋「LPC-T12/W」とはどんな電気圧力鍋なのでしょうか?
簡単に「LPC-T12/W」についてご紹介しましょう。

電気圧力鍋「LPC-T12/W」

基本スペック

「LPC-T12/W」はアルファックス・コイズミが製造している電気圧力鍋です。
仕様は以下の通りです。

品番 LPC-T12/W
カラー ホワイト
本体サイズ 約(幅)26.8 ×(奥行)26 ×(高さ)25.5cm
本体重量 約2.7kg
コードの長さ 約1.5m
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 600W
調理容量 調理MAX(1.2L)、豆類MAX(0.6L)
材質 PP / ステンレス
付属品 計量カップ、しゃもじ、レシピブック

アルファックス・コイズミホームページより:https://www.alphax.jp/?p=93

容量について

「LPC-T12/W」は小型モデルで、さらに大容量の「LPC-T20/W」というモデルもあります。
我が家は二人暮らしなので小型でも十分ですが、4人家族くらいなら大きいほうがいいかもしれません。

カレールーの箱半分の量を作るのならちょうどいいですが、ひと箱全部使うのであれば小さいと思います。
参考までに約500gの豚ロース塊肉で煮豚を作ったときの写真を載せます。

電気圧力鍋「LPC-T12/W」で煮豚

具材の入れ方が雑なのは見なかったことにしてください(笑)
内釜が小さいので当然肉が曲がった状態で煮ることになりますが、取り出してまっすぐにすればまったく問題ありませんでした。

ちなみに写真ではゆで卵が入っていますが、加圧するときは入れませんのでご注意ください。

ネコさん

写真を撮った後に気づいて取り除きました…。

大まかな使い方

「LPC-T12/W」の使い方は非常に簡単です。
ステップは大まかに分けて3段階。

  1. 材料を用意して鍋に投入
  2. スイッチを押して(加圧)
  3. ほったらかす(蒸らす)

以上です。

ネコさん

簡単すぎます!

もちろん料理によってはもう少し工程が増えるものもありますが、概ねこの3ステップで完了します!

いちばん大変なのは材料を用意するところですね(笑)
材料を用意したあとはダイヤルを回してボタンを押すだけです。

その後は鍋を見ている必要も無し!
本当にほったらかしでOKなんです。

電気圧力鍋「LPC-T12/W」で簡単おすすめ料理

では、この電気圧力鍋を使って作る、おすすめ料理をご紹介します。
残念ながら料理の写真はないのですが…(笑)

ちなみに「LPC-T12/W」にはレシピ本が付属しているので、王道のメニューは迷うことなく作ることが出来ます。
圧力鍋の調理は水加減が大事なので、ちゃんとしたレシピがわかるのはありがたいですね!

おすすめ料理1:煮豚

電気圧力鍋を使って作った中で一番美味しかったのが煮豚です!

加圧準備が15分ほど、加圧時間は20分ほどで、蒸らし時間は20分ほどです。
わずか一時間ほどで煮豚が完成します。

煮豚は普通に煮るとパサパサしてしまったりするのですが、電気圧力鍋で煮た煮豚はやわらかくてしっとり!!
めちゃくちゃおいしかったです。

ネコさん

夫にも大好評でした

おすすめ料理2:豚の角煮

豚の角煮ってっ本当に煮るのに時間がかかりますよね。
圧力鍋を使わずに作ると、時間がかかるわりにおいしくできなかったります…。

豚の角煮は下茹でしてから煮ることになるので、煮豚よりはちょっと工程と時間が増えます。

まず下茹での材料を投入して20分ほど加圧します。
その後調味料を入れて10分ほど加圧して、30分ほど蒸らしたら完成です。

材料を用意する時間を除くと、加圧準備に30分、加圧に30分、蒸らしに30分かかります。

ネコさん

豚の角煮がわずか一時間半で出来るんです!

仕上がりはトロトロのホロホロ!箸で切れる豚の角煮が完成します。

最初は買うのを躊躇した電気圧力鍋「LPC-T12/W」…買ってよかった!

最後だから言いますが…、実はこの電気圧力鍋。
欲しいと言い出したのは夫でした。(笑)

時間をかければ圧力鍋がなくても煮込み料理は出来るし、わざわざ一万円出して買うほどのこともないでしょ、と私は思っていたのです。

しかし、せっかく夫が「これを使えば俺でも簡単に料理ができるし」と言ってくれたので、まぁまぁとりあえず買ってみましょうか…と購入したのですが。

使ってみたら、もう手放せない!便利すぎます!!!

ネコさん

煮込み料理の機会がめちゃくちゃ増えました

簡単・時短でおいしい料理が作れるなんて、妻にとっても夫にとっても助かること請け合い。
一家に一台電気圧力鍋、オススメです!