Anker(アンカー)10000mAhモバイルバッテリーPowerCore10000レビュー

Anker(アンカー)10000mAhモバイルバッテリーPowerCore10000レビュー

私は持ち歩く電子機器がなんやかんやと多いので、モバイルバッテリーが欠かせません。

スマホはもちろんのことワイヤレスイヤホンやモバイルルーターなど、バッテリー切れになったら困るものばかりです。

今までいくつか安い無名メーカーのモバイルバッテリーを使ってきましたが、1年も持たずに壊れてしまいました…。

たまには有名なメーカーのものを買ってみようかと思い、このたびAnker(アンカー)のモバイルバッテリーを買ってみました!

ネコさん

Amazonの初売りを見ていたらたまたま安くなっていたので、勢いで買っちゃいました(笑)

このページでは、Anker(アンカー)の10000mAhモバイルバッテリーPowerCore10000を使ってみた結果、以下の疑問にお答えします!

こんなことがわかる!
  • Anker(アンカー)ってよく聞くけどどんな会社なの?
  • 大きさや重さはどれくらい?
  • スマホのフル充電何回できるの?
  • 充電速度は?
  • 接続端子は?

モバイルバッテリーPowerCore10000を作っているAnker(アンカー)ってどんな会社?

ガジェット好きなら知らない人はいないであろう「Anker(アンカー)」という会社。
でも一体どんな会社なの?と疑問に思っている人も多いハズ。

ネコさん

私も最初そう思いました。

Anker(アンカー)の概要は以下の通りです。

Anker(アンカー)は、モバイルバッテリーや急速充電器などのスマートフォン・タブレット関連製品の開発、販売を行うハードウェア・ブランド。Google検索でエンジニアとして働いていたスティーブン・ヤンを中心に、Google出身の数名の若者達によって2011年に設立された。

Ankerの製品は主にAmazonマーケットプレイスや各国のECサイトを通じて、アメリカ・日本・イギリス・ドイツをはじめとした欧州各国・アジア各国で販売されている。ブランド名の「Anker」は、ドイツ語の「錨(いかり)」に因んで名づけられた。

日本での製品販売、カスタマーサポ―トならびマーケティング等は、2013年1月に井戸義経によって設立された「アンカー・ジャパン株式会社(日本法人)」が担っている。姉妹ブランドとして、日本ではオーディオブランド「Soundcore(サウンドコア)および家電ブランド「Eufy(ユーフィ)」も展開されている。

Anker(アンカー)の製品はお手頃なものが多く、日本でも人気があります。

日本でのAnker(アンカー)製品の販売は「アンカー・ジャパン株式会社」が行っていますが、Anker本社は中国の深圳にあります。

Anker(アンカー)では様々なガジェットや家電などを販売していますが、モバイルバッテリーが主力のようです。
充電器のほか、ケーブル、オーディオ(イヤホンやスピーカー)、ロボット掃除機、プロジェクターなどが販売されています。

Anker(アンカー)モバイルバッテリーPowerCore10000の大きさ・重さは?

モバイルバッテリーは常に持ち歩くものですよね。
そこで気になるのが大きさや重さ。

PowerCore10000の大きさは幅9㎝・縦6㎝・高さ2㎝、重さは180gです。

10000mAhのモバイルバッテリーとしてはかなりコンパクトサイズ。
180gといえば人参一本分くらいの重さです。

ネコさん

私は他にも10000mAhのモバイルバッテリーを持っていますが、PowerCoreよりだいぶ大きいです。

Anker(アンカー)powercore10000

右がAnker(アンカー)PowerCore10000、左が他メーカーの10000mAhのモバイルバッテリーです。

重さはさほど変わりませんが、大きさで言えばかなり小さいです。
ガジェット系は複数持ち歩くことが多いので、コンパクトなのはありがたいですよね。

Anker(アンカー)モバイルバッテリーPowerCore10000でスマホのフル充電何回できる?

Anker(アンカー)PowerCore10000のバッテリー容量は10000mAhです。

スマホでいうと、iPhone11のバッテリー容量は3110mAhと言われていますので、iPhone11のフル充電が3回できることにになります。

計算方法は、単純に10000mAhをスマホのバッテリー容量で割るだけです。
当然スマホのバッテリー容量が大きいとフル充電できる回数は減ります。

ネコさん

ちなみに私のスマホGalaxyA30のバッテリー容量は3900mAhなので、2回半くらいフル充電できます!

モバイルバッテリーの容量は大きいに越したことはありませんが重くなるし大きくなってしまうので、自分の生活スタイルからどのくらいの容量がいいのか考えてみましょう。

ちなみにバッテリーは使っていなくても自然放電してしまうので、計算通りの回数は充電できないかもしれません。

Anker(アンカー)モバイルバッテリーPowerCore10000の充電速度は?接続端子は?

Anker(アンカー)のPowerCore10000の充電速度は比較的速いと感じています。

そもそも充電する速度に何が関係してくるのかというと、モバイルバッテリーとケーブルの「A(アンペア)」が関係してきます。

例えばPowerCore10000の出力A(アンペア)は、最大2.4Aです。

2.4Aはモバイルバッテリーとしては速いほうで、一般的には2A以上あればストレスなく充電できるといわれています。

ネコさん

じゃあこのPowerCore10000があれば急速充電できるんだ!

実はそうとも言えないんです。

モバイルバッテリー自体の出力Aが大きくても、バッテリーと充電したい危機をつなぐケーブルの出力Aが低いと全く意味がないんです…。

PowerCore10000は2.4Aでもケーブルが1Aだったとしたら、1A分の充電速度しか出ません。

ネコさん

ちなみに1Aでの充電はとてもおっそいです…。

ただ、モバイルバッテリーを購入するとそのモバイルバッテリーの出力Aに合うケーブルが付属してくることがほとんど。

安いモバイルバッテリー付属のケーブルはびっくりするくらい短かったりするんですが、PowerCore10000のケーブルは長めなので安心です。

PowerCore10000の出力端子は「USB」で、充電先に差し込む端子は「microUSB」です。

最近多くなってきている「Type-C」の端子は付属していないので、必要であれば自分で用意しましょう!

Anker(アンカー)モバイルバッテリーPowerCore10000の付属品は?

Anker(アンカー)PowerCore10000を購入すると、付属品がいくつがついてきます。

Anker(アンカー)powercore10000

  • モバイルバッテリー本体
  • USB-microUSBケーブル
  • モバイルバッテリーケース
  • 取扱説明書

必要最低限のものがすっきりとそろっている感じですね。

はたしてAnker(アンカー)PowerCore10000はお得なのか?

そして大事なのがコストパフォーマンス。
Anker(アンカー)の製品はお手頃なのも人気の秘密のひとつです。

一般的に10000mAhのモバイルバッテリーの一般的な価格は2,000~4,000円くらいです。
Anker(アンカー)PowerCore10000の公式サイトの価格は2,799円

私がAmazonでPowerCore10000を購入したときはタイムセール中だったので、2,239円で購入できました。

ネコさん

少しでもお得に買いたいですもんね!

決して高い価格ではないし、Amazonではわりとよくタイムセールの対象になっているようなので、ほしいものリストに入れてチェックしておくとよいかもしれません。

もっと安い10000mAhのモバイルバッテリーはありますし、私ももっと安く買ったものを持っています。

あくまでも体感ですが充電速度はPowerCore10000のほうが速いと感じていますし、コンパクトで持ち歩きやすい。

ネコさん

見た目もカッコいいので、最近はもっぱらPowerCore10000ばかり使っています。

お手頃で性能の良いモバイルバッテリーの購入を検討しているのなら、PowerCore10000はお得です!